つぼおし

  • 2020.05.25 Monday
  • 11:16



健康グッズの中で1番大好きな

「あしつぼスリッパ」

高校生の時から愛用して、もう何足目なんだろう…

縫ったり張り直したりして、しつこく履いたものも

あったけど、結局はへたってしまって、

さよならの運命となっていく。

そして今履いている「岩」というスリッパ。

購入してしばらくは、めちゃくちゃ痛かった(でも気持ちいい)けど

いまじゃ、慣れてしまって、痛みも感じない。

布の部分がどうしてもちぎれてきてしまって、

縫っても縫ってもよたってくる。

おまけにプラスチック部分も割れてきた…

あー、またこれもお別れか〜。

次どうしよう…

 

毎回、「これは丈夫そうだから何年か持つだろう」

と思って買うのに、1年ももたずに駄目になる。

 

私の履き方が悪いのか、
商品が弱いのか…
それでも足裏はつぼおしを求めている。
これがないと暮らしていけないのだ。
ほんとにほんと。

今日のこと

  • 2020.05.20 Wednesday
  • 15:57



毎日が淡々と過ぎていくように見えて

書き留めていくと、いろいろとあるもんです。

 

こどもとケンカした↓

「地図がうまく描けなくてヒステリーを起こしたので叱った」

うさぎの毛を丁寧になでた↓

「頭に大の模様ができていた」

にくじゃがを作った↓

「じゃがいもがどろどろになるまで煮込んでしまった」

 

と、ただ、今日はケンカした。うさぎの毛を整えた。いも料理をした。

で終わっていたことも細かく書き留めると、

忘れてしまうようなことばかりだけど、

細かい発見がたくさんあります。

それもどこかに記録しておかないと忘れてしまいます。
「今日は○○記念日」という大きなことよりも
「こういうことがあったから、こう感じた日」
ということの方が私には大切で
でもキラリと輝く一瞬はあっという間に消えてしまう。
と言いつつ、書いたものも、ある日急に邪魔になって
捨ててしまったりするんだから
やっぱり心に刻んでおかないといけないんだね。

水から

  • 2020.05.19 Tuesday
  • 10:45



わたしたちは水からできている。

遙か長い長い道のりを経て人間になった。

その中でも一緒に育っていたものにウイルスもいたはず。


人間がいなくて、動物までの進化で終わっていたら

ウイルスのことでギャーすか騒いだりしなかっただろう。

変に頭脳が発達してしまった生き物だから

目に見えないものに過剰反応してしまう。

いや、ほんとめんどくさい生き物です。

 

それでも生き抜いていかないといけない。

それぞれひとりひとりに使命があるから。

 

動物は弱いものは消えていく。

人間は弱いものを助けようと必死になる。


いいところもあります。

3つのこと

  • 2020.05.18 Monday
  • 08:31



めしふろねる。

一昔前の父親のセリフのようですが、

私のここ10年間のもっとも重要な時間はこの3つでした

(いまでも)

それにプラス、絵を描いたり、刺繍したり、広告作ったり、

散歩したり、言葉を考えたり、人と話したり…

創作と運動の時間があれば満たされていた日々でした。

(それが生活の糧につながっていなくても)

 

ここ何ヶ月の状況は
こののんびりした日々に爆弾を落とされたような感じですが、
それくらいされないと、
ぼーっとしている人間には気づかないんだ。
もういろんなものがなくなって、
私にはもうなにもない…と落ち込んで、
なので、高校生くらいからの人生振り出しに戻った気分です。

あの頃も、なんだか未来に期待と不安があって、
でも家を出ることは決まっていたから、自由になれて
うれしくって…
でも未来にはそれなりにいい大人になった自分も想像して…
いや、ほんと、ちっともあの頃と中身は変わってないんだ。
って実感した。
知識や経験って増えても自分の根底にある
基本的なことってそう変わらないんだって。
このことはいいことでもよくないことでもあるけれど、
次の一歩に踏み出すときに
あれこれ考え過ぎて動けなくなっている自分を捨てて
押し出さないといけない時期がきたなーって
思ってます。

 

走るひと

  • 2020.05.17 Sunday
  • 13:45



コロナ関係なく、走る人は走るんだろうけど、

最近は買い物に行く途中で1人の小学生が走っているところを

よく見かける。

それも、たぶん、長い時間走っているんだと思う
(ぜーぜーはーはー言ってるから)

 

 

そうやって、体力落ちないように

(いや、そういう目的ではないかもしれないが)

毎日続けて行うことって、大切だなーって思う。

 

近所でも毎日キャッチボールしている親子か兄弟がいるし、

毎日縄跳びしてる子もいる。

そうやって積み重ねてきたことって、

何かの賞を取るとかよりも得るものがあるに違いない。
 

私だって、筋トレを何十年も毎日30分でも続けていたら

引き締まっていただろうけど、せいぜい3分でしょ。

やらないよりマシだと思って続けているけど、

もう少し量増やさないと、いつまでたってもぷよぷよ。

いや、ますます皮膚や肉がさがってくるからぷよぷよぷよぷよ…

のまんま。

腹筋は割と好きな方だけど腕立て嫌いだからほどんどしないし、

トレーニングでも好き嫌いがあるから

嫌いな動きは永遠に鍛えられない。

 

こういう事態が来ると自分の弱点がいっぱい見えて

いやになるねー。

心も身体もいざという時に鍛えておかないと

ぷよぷよではすぐに倒れちゃう。
 

 

 

上向きに…

  • 2020.05.16 Saturday
  • 16:36

3月から4月中頃まで精神的にズボズボと底まで落ち込んでいたから
普段、習慣としているヨガもおろそかにしてました。
(おかげで身体ガチガチでした)

5月に入ってから気持ちも落ち着いてきた。
とはいえ一日のうち何度か落ち込む時間帯があります。
そういう時は前向きになるヨガ!(単純)
を少しだけします。
 
しばらくやっていなかった「鳩のポーズ」
こどもが「○○ちゃん、このポーズできるんやって〜」
ってつぶやいていたのを聞いて、
いや、私もできたハズ…
と、思い出してゆっくり順番にやっていきました。
いや〜、身体は覚えているもので、急にこのポーズをやると
背中がぐきっ!(となったことがある)ので、
気をつけないといけないけれど、
最近は、身体を戻すため合間にいろんなポーズをしていたので
出来ました〜。

いや、うれしいです。
ちなみにこのポーズ精神的にも前向きになるそうですけど、
ポーズ自体はめちゃんこ上向きですよね。

下ばかり見ないで上をみようよ。って
鳩に言われた気がしました…。

くるっぽ〜

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

mobile

qrcode

recommend

こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ]
こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ] (JUGEMレビュー »)
こどもキッチン主宰の石井さんと作り上げた待望の一冊の本。ただのレシピ本ではありません。親子共々楽しく成長できる本です!

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM