珈琲染め02

  • 2020.04.17 Friday
  • 08:47



またまた珈琲染めのお話しです。

今回、風合いの異なるものに試そうと思って染めたもののうちに
タオルがあります。
こどもは横で
「それ、ぞうきん?」ってつぶやいてましたが
確かに染めをしている途中の濡れている状態を見ていたら
ぞうきんいっぱい作ったー!
って感じでした(干してるときも…)

乾いたものに刺繍をして、やっとなにやら使えるものに
変身したように見えますが、
こどもにしたら、
「前のままでいいやん」という意見になるのもわかる。
 
時間と手間をかけたものが素晴らしいもの。とは
限らないけれど、
その時間の中には、何もしなかった時にはなかった
見えない何かが得られるんだと思います。
 
で、こんどはいつ染める?
 
珈琲たちは次の出番を待っているようです…

はじめての珈琲染め

  • 2020.04.16 Thursday
  • 08:38



やっと試すことができました。


珈琲の粉をそのまま捨てていたの、

いつも気になっていたのに、一度もしたことがなかった珈琲染め。


リサイクルやリメイクが日常化しているというのに、

たくさんある珈琲を利用することは
(たぶん多すぎてどうしたらいいか分からずほったらかし)

していなかった。

で、やってみて思ったこと。

「時間と手間がすごくかかる」

ただ染めるだけならいいのだけど、

そこから袋に加工して…となると

すごい時間。

いや、時間があるときだから、今こそしないと

いつするんだ!

と思い気持ちを奮い立たせてやりました。

 

素材的にはガーゼなど透ける素材が綺麗です。
麻袋の小さい版ができた感じでかわいいです。
さて、何枚できるんだろ?と思ってカットしていたけど、
ドリップパックを何個か入れたりする袋が30枚から40枚くらいはできるかな?
いや、少ない…もっと作らないと。
 
使い出したらすぐになくなりそうだね。

こどものエプロン

  • 2020.04.15 Wednesday
  • 09:23

こどもがまだ0歳の時に作ったエプロン。
もちろん、店長として働いてもらおうと思っていたのですが、
恥ずかしがり屋で
これをつけて「いらっしゃりませ〜」は叶わぬ夢でした。
 
それでも、この頃のエプロン制作は真面目で、
文字にも刺繍ばっちりしているし、
えらい時間かかってやってますね。
いまじゃ、このような刺繍する気合いは入りません…
しかし、つけてもらえなくても看板として使えるなー。
と思って置いている。
今年、工場と事務所を合体!
と思っていたけど、それもまた時期が延びそうですので、
実際に工場やイベントで使えるのはまだまだ先になりそうです。
その前にいろんなものカビらないよう気をつけて
自分の気持ちも身体も盛り上げておかないと…

白帯

  • 2020.02.14 Friday
  • 08:44

ギフト用のセット。
サボらしいものを提案しないと。と思ってはいるけれど、
ずっとほったらかしで…で、
まず箱を包む帯を作った。
こちらの白帯ともう一つは同じデザインで黒に金インクにしました。
どんなけさぼれば気が済むんだ!
と、突っ込まれそうですが、
なかなか真剣にさぼるのも真剣に仕事するくらい
エネルギーいるんです。
だらだらとさぼるんではなく、真面目にがんばってさぼるんです。
 
いや、さぼるって、奥が深い…
 
まだまだ甘ちゃんなわたくしです。

段ボールで

  • 2020.02.09 Sunday
  • 08:54



段ボールは梱包するもの。

という概念を覆してくれたのは、アーティストの日比野克彦さんでした。


それまで色気のなかったものが、こんなにも

人を惹きつける作品に生まれ変わるのか!とかなりの衝撃でした。

最近も本屋さんで雑誌を乱読していたら、

ひろった段ボールで財布や鞄を作り、それを販売している。

という方のものに出会った。

 

そう、段ボールはすごいんです。

私も看板用の木材がないときは段ボールで描くときもあります。

雨には弱いけれど、丈夫で、風合いがいいんです。

段ボールだけでない、

今はまさにリサイクルが日常の暮らしの習慣になっていると

感じます。

使わないものは捨てる。ということも大切だけど、

その前に生かして、生まれ変わらせてあげてから

さよならしたいと、いつも思ってます。

(おかげで物は全く減らないんですけど…)

 

ライブブレンドお願いします

  • 2019.12.31 Tuesday
  • 15:46


2019年のサボローゾの仕事が

この本の完成で終わりました。
 

何日か前に中ページを告知しましたが

今回はいつもしているミシン綴じ印刷でなく初めて無線綴じ印刷にしました。

読む人はそんなことどっちでもいいやん!

っておっしゃるかと思いますが

作っている側は綴じ方が異なるだけで、

いろいろと作り方が変わるのです。

変化を好む人間にはそこが楽しいところ♪
じみ〜にその違いを味わいました。

今年制作した中で一番今のサボローゾを表現した
わかりやすい本になりました(あと2冊はマニアック…)
是非、見たい!読みたい!という方は…

もう少々お待ちくださいませ。
さて今年もあとわずか。
だからと言って特別なこともしない2019年の終わり。
いつもの静かな朝を迎えて、また新たな気持ちで歩くのみ!です。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

mobile

qrcode

recommend

こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ]
こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ] (JUGEMレビュー »)
こどもキッチン主宰の石井さんと作り上げた待望の一冊の本。ただのレシピ本ではありません。親子共々楽しく成長できる本です!

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM