つくる人、食べる人

  • 2020.01.10 Friday
  • 09:17



昨日から読んでいる「雪まんま」という本。
教師を目指していた女子が、東北震災の体験でのきっかけで

お米でできたおにぎりに大きな力を感じ、地元の米作りをすることを

決意するお話し。

お米に対してはとても愛情があるのに、お米は余って
たくさん作ってはいけない。とか、高く売れない。とか…
難題がどこの農家にもあって…
日本の魂である、おにぎりを食べられなくなったらどうするのか、
主人公と一緒に考えてしまう。
もし、作ったものしか食べてはならない。という規則ができたら
私は瞬く間に死んでしまうだろう。
ひたすら食べるだけ。
なので感謝して全て頂くことだけが、今の私にできること。

お米に限らず、丁寧に作られた食べ物は心を温かくしてくれる。
世界中で食べ物がどんどんなくなっていっているのに、
スーパーやコンビニでは捨てられていく食べ物。
 
こんなことをしていたら
もったいないおばけがくる。ってこどもの頃から言われてきたのにね。
大人になるとなにかを忘れてしまうのよね。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

mobile

qrcode

recommend

こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ]
こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ] (JUGEMレビュー »)
こどもキッチン主宰の石井さんと作り上げた待望の一冊の本。ただのレシピ本ではありません。親子共々楽しく成長できる本です!

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM