家に緑を

  • 2020.08.26 Wednesday
  • 11:37



部屋中が緑と花だらけのときもありました…

それはそれは随分前のこと。(独身のとき)
 
大阪市内に住んでいると緑が少ないので、
自然と緑を求めてしまう。
観葉植物やら切り花も鉢花もたくさんありました。
全てさようならしましたけど(枯れたものやうさぎに食べられたものや…)
 
部屋にある植物を大切にしている時期もあったんだ。
花屋にせっせと通っているときもあったなぁ〜。
お気に入りの子もいたし、花が目当てか人が目当てかどっちだったのか。
 
今は全く部屋に置いてないし、小さな庭も全て刈り取ってはげ坊主。
ああ、なんだか私の心は枯れているわー。
 
植物をきちんと育てられる人になって、
せめてうさぎのおやつにもなる葉っぱや野菜は作りたいなぁ。
 
食べるものを何も作れないのって、これからの時代
大変かも…と勝手に想像しているだけですが。

黒いもの

  • 2020.08.25 Tuesday
  • 18:12


 
随分前に行ったギャラリーのオープニングパーティで、
「黒」がテーマなんです。
と言って、食べ物は全て黒いものが入ったのを出していた。
 
うん、こういうのっていいわぁ。
「今日は黒の日」って決めたらそういう気分だし。
決めたらそれしか見えなかったり、
でも普段の暮らしを楽しむときに、
こういう決まり事を作ると面白くなってくる。
 
サボローゾなら赤の食べ物を提供したり。とか
赤を身につけてきてください。とか、
そういうパーティの決まり事をするんだろうな。
赤と白でもいいかな。
 
と、今はいろんな人と集まってパーティ♪
なんて出来ないので
いつかしたいなー。

と、妄想している…。

かわいいね

  • 2020.08.20 Thursday
  • 15:00



コロナでステイホームと命令されて

一番の心の安らぎ、私にとってはペットのナッツでした。

 

「なんで呼んでも来ないような動物を飼ってるの?」って
よく言われるんだけど、今まで賃貸生活で犬猫禁止!という
ところでしか住んでいたにので、さぁ、何を飼おうか。と思ったときに
うさぎにたまたま縁があったから、家族に迎え入れたのでした。
正直、犬が一番好きです。その次に猫。
後は考えたことなかったのです。(ごめんねナッツ!)
意外なことに私は動物の世話が割と好きなようで、
ってそれも飼うまで気がつきませんでしたが…。
(フンや動きの観察…なかなか面白い)
動物は規則正しいので、独身の頃、不規則な暮らしをしていたので
そういうところは助けられていました。
そして、コロナでは…
この人間があたふたしようがマイペースなところが
心落ち着くというか、
家の中に自然体の生き物がいるのは、かなりの安らぎでした。
もちろん、こどもが居たこともしんどさの軽減になりました。
どうも頭で考えることが優位になると、
心の病気になってしまいそうになりますね。
こども、動物、植物たちには助けられたこの何ヶ月でした。

さよならしたもの

  • 2020.07.29 Wednesday
  • 16:17



物の再生が好き。と言いつつ、

捨ててきたものもたくさん。

このアフロくんもそうだ。

何の役にも立たないようなものを時々買ってしまい、

突如として、捨てたくなる私は

この子も引っ越しの時にさよならしたものでした。

どうしてかこのアフロくん、どこが気に入ったのかわからないのだけど、

時々飾っては愛おしんでいました。

開運したかったら「物を捨てろ」とはよく聞く言葉だけど、
あれもこれもなんでもかんでも捨てるのは、
少し違うな。って思う。
 
確かに物が少ないと、脳もすっきりするし、
無駄な時間が減って、ストレスも減る。
物がたくさんあると、修理やら掃除やら
もう、とにかく世話に時間がとられる。
 
ほんとは、さよならするのには
かなりの時間がかかっている。
いろんな感情や思いも手放すことになるから。
忘れた頃にアフロくんの写真を見つけて
大阪市内に住んでいた頃の気持ちも思い出しました。
 
あの頃には戻れないけれど、
さよならすることで
新たなものに向かうことができたので
これからも勇気を持っていろんなものに
さよならをしていかないといけないな。って
思ってます。

 

どこに行った?

  • 2020.07.18 Saturday
  • 14:01



ほんとは24時間放し飼いなんていけないんだと。

飼育書には書いてあるものも。

いや、どうしてもそういう本のことは100%信用していなくって

もしかして出来るかも!と思って

何年も試している。

 

確かに家のいろんな箇所はボロボロとされてるなー。

うち、賃貸なのにまた修理が大変だ。

それより!時々どこに行ったか探しまくるときがあります。

うさぎのエリアは1階だけなんだけど、

「あれ?居ない…どこいったん?」と思ったら

なんと本だなの引き出しを抜いたところにちょこんとはまっていた…。

見つかったときは「ハッ!」という顔してましたけどね。

 

近頃は探すどころか、

トイレのドアの前に寝転んでいたり、

廊下の曲がり角で寝そべっていたり、

いやほんと踏みつけそうになったり

蹴りそうになったりしそうなところにばかり居る。

そして、歩いていると、夜中であろうと走って追いかける!

「この人は何かおいしいものをくれる人だ!」

と認識しているからだと思うけど。

 

この子、ちょいと肥満気味だから脂肪が守ってくれてるのかも。

細い子だったらうさぎの骨は細いから、

蹴られたらポキッといってしまうからね…。

いやいやよく食べて寝てくれる子でよかったよ。

ムチムチナッツちゃん。

 

ガラスからみる景色

  • 2020.07.06 Monday
  • 17:48



へんてこな写真ですみません。

コロナ騒ぎが始まった3月頃から、すっかり

体内アルコール消毒をしている毎日ですが、

もともとお酒は好きだったから、

まぁ、元の自分に戻ってきた。

という感じでしょうか。

大好きだったおばんざいやさんに通っていた頃、

写真にもはまっていて、酔っ払いながらもへんてこなもの

撮っていた記憶があります。

 

ガラスコップから見る風景はなんだか綺麗なんだなぁ。
雨降りを窓から見ている感覚にも似てる。
特にこの琉球ガラスのようなポコポコした感じのガラスは
ほろ酔いの時の感じとも似ているのです。
これ、お店で撮ったのかなぁ。
それとも自宅?
よく見ると梅の形の底だったのね。
今気がついた。

なにもなくても、
かんぱーい!
ってなんかしたいなぁ。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

mobile

qrcode

recommend

こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ]
こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ] (JUGEMレビュー »)
こどもキッチン主宰の石井さんと作り上げた待望の一冊の本。ただのレシピ本ではありません。親子共々楽しく成長できる本です!

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM