ほっとするかおり

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 11:16



大阪市内に住んでいた頃は

ほとんど移動は自転車か徒歩だったから、

電車、地下鉄にもあまり乗らなかったのだけど、

今ではどこか遠くに行く。となると電車に必ず乗る。


大阪はトイレ、ほんと綺麗になりました。

ちょっと前まで地下鉄のトイレ。といえば、臭くて汚いから

ガマンして違うところでしよう。と思っていたくらいだったもの。

 

しばらく市内に行かなくなったら、今度は英語・中国語・韓国語
と、訳がどこにでも書いてある。誰が来ても大丈夫にしてるんだ…。

 

それならば、今度は香りで日本を感じさせるのはどうかなー。

と、随分前に提案したものを思い出して、アップしてみた。

 

以前日本は漬け物くさい。というか

発酵したような匂いがする。と聞いたことがある。

フランスが空港に降りた途端、香水で充満していて、

韓国はニンニクの香りがする。という感じで。

お線香の匂いも私は好きなんだけど(特に昔からある毎日香の匂い)

諸外国からしたらあれも臭いのかもね…

いや、でも、日本らしい自然の香りってあるし、

そういうものが駅構内で充満してるといいな。と思う。

季節ごとに変わっていけば、もっといいなー。

 

と勝手に想像しておりました。
 

町屋画廊

  • 2019.11.09 Saturday
  • 15:09



古い町屋を生かして作られた画廊。

私も昔はお世話になりました。

ここ何年かは個展をしていないのですが、

作家さんのDMを作ることもあって、

なんとかこの場所のつながっている感じです。

 

スタッフとして少しだけお手伝いをしていた時があったのですが、
その時に作ったパンフレットの一部分です。
これはボツ案ですが、
新しいものがどんどん建っていく町で、
古い建物を残して、でも作品展は常に新しい空気が流れていて、
離れていても好きな場所です。
どこでもそうだと思うけれど、古いものを維持していくのは
大変な労力がいると思います。
古くなっていく身体を維持していくのも大変なように。

でもどうしてか古い木や古い建具には魅力があり、
ここの空間と作品に特別心地良さを感じてしまうのです。

ひと+ひと=!

  • 2019.11.08 Friday
  • 08:01



作っているときは一人だけど、

誰かのエネルギーが入ると

また違ったものができる。

逆もまたあるけれど、

ひとりではできなかったもの。

それができたときはすごくうれしい。

ひとりの力が集まることで、

プラスでなく倍になる。


ひとりの力って、すごいと思う。

 

私には出来ないことがいっぱいだけど、

出来ることが少しだけある。

それを力いっぱいすればいいんだな。

って
かみしめて再確認したこのこの頃です。

おやばこ こばこ

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 15:25



おやこのコミュニケーションの本。

実際にはないけれど、表紙を作ってみた。

 

こどもが乳児、幼児のときは、それなりに
こども。というものをわかりたい。と思っていたけれど
最近はすっかり仕事ばかりにかまけて、こどものことは
ほったらかしだ。
私には夢中になれるものや、
一人でも一生懸命になれるものがわかっているから
どんな時間も自分色に作れるけれど、
若干9歳の子にはまだむずかしいんだ…。
なにか我を忘れるくらい、誰かに依存しないくらいの
好きなものをみつけてあげる手伝いをしないといけないな。
って思うこの頃。
絵を描くことや本を読むこと、水泳も好きでがんばってるけど
それ以上のものね。

ふたりとも持っているはこをからっぽにして、
これだ!というものを新たに探しに行かないといけないね。

よつば会員から

  • 2019.10.28 Monday
  • 10:40

 

安心な食材を届けてくれる「よつば」

そのよつばの会員になっている私たちが、

その理念に合うお店や会社を取材し、よつば新聞に紹介する。

という企画のもとで5年続けてきました(私は途中参加でしたが)

その企画も次号で一旦終了。

私はあまり取材には参加できなかったのですが、

デザインとイラストを担当しておりました。

その数少ない取材に行ったところですごく印象深かった場所は

「能勢農場」

この循環システム。というのを牛を介してするのですが、

それをまさに今から始めよう!という考えを持って、

その始まりとなる2頭の赤牛とも会ってきました。
 

 

このシステム。絵にすると簡単だけど、
実際にくるくる気持ちよく循環するにはまだまだ時間がかかりそうだし
現場はそう簡単になんでもうまく前に進まない。
でも、こうやって自然と動物も人間も気持ち良く共生しようとする考えには
とても感動したし、何かできることは?と素直に思った。
いいものを作りたい。と思っている人たちに会うと
自分もいいもの。作りたいって単純に思う。
 
へんてこなものや役に立たないような冊子ばかり作っているので
「こんなもの何の役に立つの?」って
思うこともあるから。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM