コーヒーへのたび

  • 2020.08.09 Sunday
  • 08:20



ある広告に載せている

「コーヒーへのたび」

コーヒー豆が収穫されて、そのあとどんな道のりを経て
私たちのところへやってくるのか、
描いています。

実は私も随分後になってからでした。
「コーヒーは果実」ってこと知ったのは。
赤い実でほんと美味しそうなんです。
初めて出会った人や動物はそりゃ、
口にすると思います。
これがあの焦げ茶色の飲み物に変化していって、
世界の人を虜にしたなんて
すごいものです。

でも、まだあの赤い実のままを囓ったことはなくて、
一体どんな味なんだろう…
って想像すると面白い。
(きっと苦いか酸っぱいか…)
食べるには適していない。と思ったから
干したり剥いたりして飲めるようになったんだろうね。
いろいろと研究して試作していってくれた人がいて
今、おいしいものを普通に飲むことができる。
それをどう広めていくか。
たくさんあるコーヒーの中でどう表現していくのか
私らにできること、ある。

珈琲と雨

  • 2020.07.25 Saturday
  • 15:28


 

珈琲と○という(○は毎回テーマが変わる)

小冊子を作っていて、今回で3冊目。

まだ製本中なので、どなたの手にも渡っていないけれど

その中で描いたイラスト。

今回は「珈琲と雨」というテーマです。


どうしてか「雨」というと青や、紫、グレー。を想像するのだけど、

毎回紙と色の組合わせを変えたい私は

全く異なる色のインクで作りました。

(ここで載せているのは全く違う色です)

紙もサボローゾではほとんど使ったことのない色のものを使ったりして、

ちょっと自分に刺激を与えてます。

どうしてもサボローゾのイメージとして、

茶色、黒、赤、白、金

といった色ばかり使ってしまう傾向にあって、

やったことのない組合わせをしたいと、無意識の中でもっていたようです。

 

自分の中に何か楽しみがないと、
一気にやる気がなくなってしまうので、自分を盛り上げるためには
どうしても新しいものを作らないといけないようで…
ほんとめんどくさい自分です。
いつまでたっても文章にも腕があがらないのに、
冊子の中では文字数を決めて書いてます。(これが苦手…)
いや苦手だと思いこんでるだけだ!

と、今日も言葉と格闘し、愛おしんでおります。

日本語、むずかしいけど、
好きなんです。

さぼのおまもり

  • 2020.07.20 Monday
  • 11:51



お店に行くとよく「福もの」を置いていることがある。
 

うさぎ、かえる、ふくろう、まねきねこ、だるま、七福神、鶴、亀、鳩、鯛

金魚、ふぐ、福助、お多福、四つ葉、シーサー、他にもあると思うけど、

お店で見たことあるのはこれくらいかな。
 

もちろんうちの家にもぽろぽろとあるけど、

「これがサボローゾのおまもり!」というのは決めてない。
 

ふんふん、一緒に働いていたロバかな?今働いているぞうかな?

それともしずくちゃん?

そうだ。コレ忘れてた。

「だるま!」
さぼだるまだ!


だるまは努力と根気の体現者

地道に好きなことに向かっている私らにぴったりやん。

うん、今はまだ自分たちの夢を叶えてないけど、

だるまのようにどしっと揺らぐことなくブレることなく

前に向いていかないとね。

って思います。

 

おうちでもたのしもう。

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 08:21

ステイホーム!と言われていた何ヶ月。
日本語に訳したら「家にいろ!」って命令でしょ。
よく考えたらすごい強制だったね。
でもそれくらいしないと広がりを防げなかったってこと?
いまじゃ人が集まるところじゃマスクは常識になってるけど、
もう命令はされたくないなー。って思う。
 
あの時期にサボローゾが家でも楽しんでほしい。と
注文してくださった方におうちで楽しもうブレンドを
プレゼントしていました。
珈琲は外で飲むのもいいけど、
家事や仕事の合間に自分で入れてじっくり楽しむのは
緊急事態宣言関係なく、
どんなときでもいいもの。
 
これから先どんなことがあっても
サボコーヒーを飲んでくれる方には
感謝の気持ちと何かカタチにして
贈り続けたいと思ってます。

コーヒーと…

  • 2020.06.16 Tuesday
  • 15:38



またコーヒー関連のお話しに戻ります。

 

10周年記念に3冊の本を作ったことだし、
次は季刊誌のようなものを。と思い
「コーヒーと○」(○の部分は毎回変わる。)のテーマに
作って、お客様に贈ろう!と思ったのが3月はじめ。
コロナで怪しい空気感が流れ出した頃に発行して、
それから緊急事態宣言…
作る意欲が失われ、2冊目のテーマは決まっていたのだけど、
なかなか発行に至りませんでした。
今日は6月16日だけど、発行日は6月22日になってます。
なので、もう少し経ったらご注文頂いた方にお渡ししようかな。
と思ってます。

1冊目は
コーヒーと朝
2冊目は
コーヒーと汗
ほんとあっという間に読める小さな新聞のようなものです。
どうしてか、頼まれてもないものを作るのはすごく意欲が出るのに
頼まれたものは、「やらないとやらないと…」という強迫感がでてきて
ついつい遅れがち(でもやり出すとたのしいんですけどね)
そんなこんなで久しぶりに息抜きして製本していました。
(って2枚をひっつけるだけですが…)

手仕事って、気持ちを落ち着かせます。
 
土日に慣れない、とにかく効率よく休みなく動く仕事をし始めたので
身体が緊張してバリバリになってました。
そして…すでにもう辞める理由を考え出している根性なしのわたし。

いやでも、自分には合わない仕事をすると、
余計に本業を愛おしく思えるもの(お金にすぐにつながらなくても)
週末の仕事は運動にしに行ってる。と思って、もう少しだけ続けます。

汗かくから…

  • 2020.06.11 Thursday
  • 12:49



「珈琲と朝」というテーマで第一弾の読み物を発行してから

第二弾は「珈琲と○」(毎回○の部分は変更します)

で決定していて、まぁ、このポスターと連動しているなー。

と思って出してみました。

 

そう!

近頃は「汗」に対して敵対心を持ってるよね。

汗染みやら汗のにおいや、何かいけないもののようで…

でも汗をいっぱいかくって、身体によいことだと思うし

補給はいっぱいしないといけないけれど、

身体の中の水を入れ替える。ってことは推進すべきことだと。

ということで、

いっぱい汗かいて、おいしいスペシャリティー珈琲ものみつつ

塩分や糖分もほどよく補給してくださいね!


暑い夏はもうすぐそこ!
ですものね。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

mobile

qrcode

recommend

こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ]
こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ] (JUGEMレビュー »)
こどもキッチン主宰の石井さんと作り上げた待望の一冊の本。ただのレシピ本ではありません。親子共々楽しく成長できる本です!

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM