洋裁箱

  • 2020.01.27 Monday
  • 11:15

小学生の時は苦手でした。洋裁。
だって、工程が長いでしょ。おまけに細かい。
粗雑な私は家庭科の先生に
いつも怒られていたような気がします。
 
それが一人暮らしをはじめて、
新しい服を普通の服屋で買えるくらいのお金もなくて、
フリーマーケットや、親兄弟からのもらい物を
自分サイズに変えることをし出してから、
洋裁が好きになった。(というか生活必須科目になった)

お金はなくても楽しく服で遊びたい。
そういう思いが自然とリメイク好きになった。
この洋裁箱は2代目だけど、なかなか機能的で使いやすいです。
ただ!糸やら紐やらやたら小物が多いのでこれ一つに収まりきらない。
もう一個の洋裁箱は古道具ではなく、木工を趣味としている方が作った物。
既に私はバキッと壊してしまったところがある…
古道具は時々引き出しが開けにくい。という問題もあるけれど、
丈夫です。
古道具はその存在だけでなんだか生きてる感じがするのに、
新しい木で作られたものの方はどうしてかうすーい感じに
思えるのはどうしてでしょうかねぇ。

大盛り!

  • 2020.01.24 Friday
  • 13:12



古道具っていうのは、興味のない人には全くただの邪魔なものにしか

見えないらしく…でも古道具好きの私には

「これあげる」って言われたときは

「え!ほんとにいいの!?」って思ってしまった。
 

これ、炭を入れて暖をとっていたのかなぁ。

今日はあったかいけど、ほんとに寒い日本の冬、これで

暖まるとは思えない。

けど、この木、上から見てるとよくわからないかもしれないけれど、

綺麗な丸で、板を置けば椅子にもテーブルにもなりそうなしっかりしたものです。

おくりものが大盛り!というイメージで箱をいっぱい入れて

作品展に出展したことがありました。

容れ物としてもとても使えるものです。

 

狭い家なので、普段は押入に押し込んでいるんだけど

ほんとは広ーいたたみの部屋にポツンと置きたい。

ちなみに同じものが二つあるので、並べるとなんかいいんです。

 

久々に外に出して、見つめていたら、

なんだか古道具熱もちょっとメラッとなりそうです…

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

mobile

qrcode

recommend

こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ]
こどもキッチン、はじまります。 2歳からのとっておき台所しごと [ 石井 由紀子 ] (JUGEMレビュー »)
こどもキッチン主宰の石井さんと作り上げた待望の一冊の本。ただのレシピ本ではありません。親子共々楽しく成長できる本です!

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM